top of page
  • 執筆者の写真Aki

検定のための技術にならないために

ここ最近はJSPAの検定や検定のための講習会の依頼が多く、技術的なことも多く講習をしています。

合否を判定するためには協会として一定の基準を作る必要があります。技術も目的によって変わることもあるかと思いますが、できるだけ基本的なベースを押さえた内容にしたいと協会で話し合って決めています。それは合格のための技術ではなく、今後のパドリングにも役に立つ技術であってほしいと思っています。 検定会でお待ちしています!

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page