• Aki

研修という名の遊びで得られること

2日間飛騨方面に研修に行ってきました。言い方を変えるとトレーニング。更にいい方を変えると遊び。下見。調査。意見交換会。いい出したらきりがありません。 基本的には行ったことがない河川や区間、もしくは昔に行って覚えていない。そんなところが多いのです。海や山への研修も同じですが、知らない場所へ行くと感覚が研ぎ澄まされます。


先を予想してそれに合わせてパドリングをし、それがどうだったのか自分で振り返る。



それの繰り返しです。仮にうまくいったとしても、それが自分のイメージと比べてどうだったのか。そんなことを考えながら下っています。

Photo by M.I これはパドリングの技術的なこともそうですし、ルートや流れの読みも重要な要素になります。

Photo by M.I 海であれば様々な情報を集め天気を予想し、地形を予想し、実際どうだったのか振り返る。山もしかりです。




その作業を行うためには、信頼できる仲間と一緒に漕げると振り返りやすいですし、仲間といろいろな感覚を共有できれば尚いいのかもしれません。今回も得るものはたくさんありましたので、夏の私の課題です。いつも仲間には感謝しかありません。

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示