top of page
  • 執筆者の写真Aki

海湖川沢

能登ツアーが終了したあとは、能登半島に残って昨年のやり残しをガイド仲間とおこないました。やり残しとは、昨年ガイド仲間と能登半島を漕いだのですが、直前に大きめの地震があったことから北東エリアは諦めました。その残った部分を昨年メンバープラスアルファの結果としては大所帯で漕ぎきりました。



長距離な日や、



風裏狙いな日、



皆で相談しコースを決めてツアーする。いい勉強になります。詳しくは次回の『KAYAK』誌に掲載されるはずです。



そして、群馬県は八ッ場あがつま湖に移動してJSPAのイベント『パドルスポーツセーフティミーティング(通称PSSM)』。私はSUPのベーシックインストラクターの検定担当でした。



JSPAらしい技術や安全啓蒙活動ができまして、これからも続けていきたいと思うイベントでした。


そしてさらにあがつま湖に残って撮影会。多くのガイドに来てもらってJSPAの多様性を残したかったのですが、そこは必要最低限としてぐっと我慢もしました。いいものができるのが今から楽しみです。



そして沢へ。今度はインプットする側ですが『シャワークライミングガイド』の講習会に参加。荒れる天気を予想してスケジュールを入れ替えたところが、今回の最大の学びでありました。



さらにさらに、パックラフトを川で楽しみ今回の旅は終了。



色々と楽しみすぎて。。。今後に活かします。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page