top of page
  • 執筆者の写真Aki

SUPライフの始まり

SUP一式ご購入していただきまして、使用方法や注意点などをあ伝えしながら半日漕ぎました。

パドリング自体は経験されているので漕げますし、今後どのようにSUPを楽しみたいか色々と聞きながら今回は商品を選びました。SUPといってもインフレータブルからハードなどの素材の違いや、形状等々、そして予算、選択肢は様々です。

私は車での運搬ができて、保管できる場所があり、野尻湖など静水域が楽しむベースとなる方には、ハードボードやソフトボードなど一体型に成形されているものをオススメしています。空気を毎回入れることもありませんし、日射による膨張の気を使わなくてもすみます。今回のゲストは初めてSUPをやるお友達とも一緒に漕げたらという希望もありましたので、『初心者でも乗りやすい』という選択肢も入れて道具を検討しました。

もちろん世の中には安いSUPも出回っていますし、そのおかげでSUPが多くの方々に楽しんでもらえる遊びになっているのも事実です。でも、その先も見据えた道具というのも長く楽しんでもらうためには必要ではないかと思います。そんなSUP含めた道具一式を購入希望したいという方はご相談ください。

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page